女性ホルモンの分泌を促す薬

シテロン

シテロンは男性ホルモンの作用を抑制することができる抗アンドロゲン薬です。
前立腺がんなどの治療に用いられることが多く、女性にとってもニキビの改善や多毛症の改善といった効果が認められています。
シテロンは「アンドロキュアー」のジェネリック薬品になります。
シテロンに配合されている酢酸シプテロンは、男性ホルモンの作用を細胞内で抑制することができ、AGA(男性型脱毛症)の原因となるテストステロンやジヒドロテストステロンなどの生成を阻害する効果があります。
そのため、脱毛症などの改善にとても効果的です。
男性であれば抜け毛の改善に効果的なのですが、女性が利用すると、男性ホルモンの効果をある程度抑えることができるようになるので、皮脂の分泌を抑えてニキビができにくい肌にしたり、多毛症を改善することができるということになります。
また、シテロンは男性ホルモンを抑制する効果があるので、性同一性障害の方が多く利用しています。

 

●効果・効能
男性:
前立腺がん、前立腺肥大症、勃起障害、性行動亢進症などの改善

 

女性:
ニキビや多毛症の改善
女性の場合、低用量ピルと合わせて服用することが条件となっているので注意が必要です。

 

●副作用
シテロンの副作用として、吐き気や眠気、体重の増減、疲労感、女性化乳房、乳房の張りや痛み、頭痛などが挙げられます。
また、シテロンは肝臓の障害やうつ病、糖尿病などの方は利用することができません。
シテロンは効果が強い薬剤ですので、医師に相談した上で利用するようにしましょう。

 

 

 

性同一性障害の方に人気の医薬品は、シテロンだけではありません。
まつ毛の育毛に効果があるケアプロストも、性同一性障害の方に大変人気の医薬品です。
最近の女性のメイクは、ナチュラル指向になってきています。
盛り過ぎのアイメイクから自然なメイクへの流れは
自分のまつ毛を育てるという形になって現れました。